最短2週間から出来るオンライン留学の相談・受付中【留学期間:8月9日〜9月17日】 お気軽にご相談ください

オーストラリアから日本への海外送金方法

オーストラリアへの留学中に注意が必要なのがお金の管理。
お金を管理する方法は様々ですが、目的やメリットがそれぞれ違うので、自分の留学生活にあった方法を選ぶことが重要です。
もちろん、比較的治安のよいオーストラリアといってもあまり大量の現金を持ち込むのはおすすめできないため、海外送金の手段を用意しておくことになります。

今回は複数ある海外送金の方法の中でも、私どもが特にお勧めする方法についてまとめております。
単純に安さで選ぶのもよいですが、安心面や利便性から実際には複数の手段を用意しておくのが良いでしょう。

事前に方法を選ぶことはとても重要で、意外と高額な手数料がかかってしまう場合もあります。お金の管理方法は留学前にあらかじめしっかり決めておきましょう。

海外送金とは

海外送金とは、日本の銀行からオーストラリアの銀行に送金をすることを指します。
留学中は日本の口座からお金をおろすことはできないため、基本的にオーストラリア現地銀行の口座を開くことになります。

日本の大手銀行であれば海外送金に対応しており、それ以外にもTransferWiseといった手数料がお得な送金サービスが存在していますが、多くのご家庭では海外送金は初めてのことになると思われますので、最初は手続きが容易な大手銀行での海外送金を選んだほうが無難でしょう。

最も基本的な大手銀行からオーストラリア銀行への送金

日本の大手銀行からの海外送金は最初に用意することがおすすめです。
銀行を用いた送金には送金手数料、為替マージン、受取手数料が必要になるため、安定した方法として用意するようにしましょう。
手数料の目安として、10万円の送金には6,000円ほど追加で費用がかかるほか、1週間ほど時間がかかるため余裕をもって送金するようにしてください。


オーストラリアでの使用に対応したクレジットカードを持ちこむ

VISAやMasterCardなど、オーストラリアでの使用に対応したクレジットカードを持ち込むことで、現地銀行の口座を経由せずにお金を引き出すことが可能です。
オーストラリアはキャッシュレスが進んだ社会であるため、日常の支払い手段としても海外送金の方法としても一枚は最低でも用意しておくとよいでしょう。

手数料はかかるものの海外口座で支払う金額よりは少なくて済みますし、ATMから現金で引き落とすことも可能です。
限度額が存在しているため学費などの高額の支払いには向かないため注意しましょう、

国際キャッシュカード・海外プリペイドカードの活用

海外のATMから現金を下ろすための海外キャッシュカードや事前にチャージして用いる海外プリペイドカードも選択肢としては覚えておきましょう。
ただし、この二つの手段は手数料がクレジットカードよりも高くついてしまうため日常的に使用する手段としてはお勧めできません。
手数料の目安は約3%で10万円引き落とすためには4000円前後かかります。
なんらかの原因でクレジットカードを用意できないという場合にはこちらのカードを用意するようにしましょう。

海外送金サービスWise(TransferWise)の活用

Wiseは現在利用できる海外送金のサービスのお中では最もお得なものです。
ほかの手段と比べて劇的に手数料が安く済むほか、手続きも容易であるため高額の送金に備えてぜひ用意しておきましょう。
Wiseは海外から日本に送金したい人と日本から海外に送金したい人のマッチングサービスであるため、中間マージンがほとんど発生しません。
また、銀行では送金までに1週間はかかるのに対してWiseでの送金は多くの場合1日~2日で完了するため、緊急時の送金にも対応できるメリットがあります。
送金方法もアカウントを作成したあとはスマートフォンなどでの画面操作とWiseの銀行口座(三菱UFJ)に指定額を振り込むといった簡単な手順で送金できるため、長期の留学をお考えの方は是非ともご用意ください。

隠れコストにご注意を

海外送金の方法を選ぶ際に注意したいのが隠れコストの存在です。
手数料のパーセンテージで送金サービスを単純に比較したいところですが、実際には各サービスごとにこの隠れコストを設けている企業が多く、統合的に判断をしないと結局は損をしてしまうので注意しましょう。
具体的には、多くの銀行では通常の手数料のほかに為替レートに独自の手数料を設けています。これは銀行の海外送金の仕組みの多くが送金元と受取先のほかに、中継地点となる銀行が介入して送金を行う仕組みとなっているためで、多くの場合はこの中継の分かかる手数料を上乗せしているようです。
前述のWiseのように比較的新しい仕組みでは、中継地点を経由せず直接の送金方法を採用しているため、手数料がほとんどかからず送金にかかる日数も短く済むようです。

まとめ

オーストラリア留学の際の海外送金の方法でおすすめなのは、やはりクレジットカードとWiseアカウントです。
渡航時に持ち込む現金は最小限にしておき、日常の支払いはクレジットカードを使用。大きな金額の送金に備えてWiseアカウントを用意して多くと安心です。
給与の支払いなどでオーストラリア現地銀行の口座は必要ですので、日本の大手銀行からの送金方法も用意しておくとよいでしょう。

関連内容

TOP