最短2週間から出来るオンライン留学の相談・受付中【留学期間:8月9日〜9月17日】 お気軽にご相談ください

オーストラリア留学後の就職活動

人生設計において特に大きなイベントである就職。
留学を検討している皆さんのなかにも、将来どのような仕事をしようか迷っている人も多いでしょう。
培った英語力や専門知識を生かして日本の企業で活躍するもよし。のんびりとして大らかな気風のオーストラリアでの就職を目指すもよし。
選択肢は様々ですが、留学もまた人生設計に大きな影響を与えるイベントです。
どのような進路をめざすにしろ、キャリアプランあらかじめ真剣に考えて留学生活を生かせるようにするための準備が必要です。

留学後の就職の選択肢

オーストラリア留学後の就職は、選択肢がある程度は限られてしまうので注意しましょう。
最も、他の国への留学後に比べて選択肢の幅は広いですし、文系・理系それぞれ様々です。
留学生が日本に帰国してからの就職を目指す場合は、やはり身に着けた英語力を生かしての外資系企業や旅行会社などが代表的な就職先になります。オーストラリアはこれに加えてTAFEをはじめとした専門技術を学べる学校の存在により、ITなどの分野の就職も十分選択肢に入るでしょう。
オーストラリア現地での就職を目指す場合には学校選びから就職を意識する必要があります。高いレベルの学校を選ぶのもよいですが、授業についていけず成績不良ということにでもなりますとかえって現地での就職は不利です。
日本で海外出身の人材が就職に苦労しているように、外国人という時点である程度は不利になってしまうため、現地企業にアピールできるような専門技術と即戦力に足りる実力を身に着けられるようにしましょう。

オーストラリア現地就職を目指す場合の注意点

留学した先の風土が日本よりも肌に合ったので、現地に就職して永住権を獲得したい、という人も多くいます。
ただし、この永住権の獲得はとても難易度が高いということは覚えておいてください。

まず永住権に必要なビザの獲得はオーストラリアで即戦力となる職種に就くことが必須条件となります。即戦力となる職種とはオーストラリア現地で人材が不足していて国内の人材だけでは賄えない職種ということです。具体的には会計士や航空関係の専門技術者、IT関連や医療従事者といった専門スキルを持った人材が該当します。
対象となる職種はオーストラリア政府のサイトで不定期に更新されているため、自分の技術が該当しているか事前にチェックするとよいでしょう。
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/working-in-australia/skill-occupation-list
またもう一つの選択肢としてビジネスビザの取得という手段もあるのですが、こちらは期間が限定されてしまいます。
また、このビザの対象者には企業側から年間$60,000以上の給料を支払うことが義務付けられており、日本より比較的給与水準のよいオーストラリアの報酬としても高額です。
ただでさえコミュニケーションエラーのリスクを抱える外国人をこのような高水準の報酬で出迎えるということは、企業側が期待する技術力はかなり高いレベルとなるといえるでしょう。
その代わり、MLTSSLと呼ばれる現地で不足してる職種に限っては、ビジネスビザの取得の4年間中3年の就労で永住権ビザの取得が可能となるメリットもあります。
是が比でもオーストラリアに永住したいという場合は、この方法を選択肢に入れておくとよいでしょう。

数年の就職であれば比較的容易

永住権をいきなり目指しての就職はかなり難しいと説明してまいりましたが、数年の就職であればハードルはかなり下がります。
情報収集や面接などの自己アピールの難易度は変わりませんが、企業側の制限がゆるくなるためまずは経験を積んでみたいという場合には短期間の就職も検討してみてください。
その後の選択肢としては日本に帰国してそのままキャリアアップを目指すほか、2年以上働くことで前述のビジネスビザの条件を満たすこともできます。
もちろん、その際にも業種はある程度制限されてしまうため、自分の目指している分野が対象となっているか事前に確認するようにしましょう。

日本に帰国してからの就職活動

日本に帰国してからの就職を考えているという場合にも一工夫必要です。
留学というのは大きな経験ですが、残念ながら日本での就職活動において経験そのものがプラスに働くことは少ないようです。
就職活動においてはどうしても履歴書に書ける情報で採用側にアピールする必要があるため、折角身に着けた英語力をアピールするためにもTOEICやIELTSといった数字のわかりやすい資格のを就職活動前に受けるようにしてください。
日本にある外資系企業を受ける場合にも、留学経験というよりもビジネス英語が使用できるかが重要です。目安としてはTOEIC750点以上を取得しておくと企業側へのアピールとなるでしょう。

専門技術を身に着けて就職に役立てる

オーストラリア留学で学べることは英語力だけではありません。
TAFEをはじめとした専門技術を学べる場では日本でのそれと比較して質も高く実践的なスキルを身に着けることが可能です。
ビジネススキルやITスキルだけではなく、オーストラリアではカフェで働いたりお店を開くためのバリスタコースが用意されており、実際に帰国後にコーヒーショップをオープンした元留学生も多くいるようです。
専門技術は国を問わず他の人より優位に立てるポイントですので、自分に自信をつけるという意味でも留学はおすすめできます。

就職も含めたオーストラリア留学のスケジュール設計をしましょう

高校生や大学生など、留学が就職活動に影響を及ぼす可能性がある場合にはオーストラリアに渡航する期間も含めて事前に設計することが重要です。
特に帰国時期は翌年の求人件数が増える2月、6月、9月といった時期に合わせて決めるとよいでしょう。
日本でも通年採用が徐々に広まってきていますが、それでも求人数は増減するため少しでも有利な時期を選ぶべきです。
もちろん、難易度は高いもののオーストラリアののんびりとした風土の中で生活するために永住権の取得を目指すのもおすすめできます。

みなさんの人生設計のため一番良い選択をしてください。

関連内容

TOP