最短2週間から出来るオンライン留学の相談・受付中【留学期間:8月9日〜9月17日】 お気軽にご相談ください

オーストラリア留学で用意しておきたい便利なクレジットカード

留学での生活にクレジットカードを1枚用意しておくととても便利です。
オーストラリアは日本よりもさらにカード支払いが進んでおり、スーパーでちょっとした買い物をするのにもクレジットカードで支払うのは当たり前。
買い物のほかにも緊急でお金が必要になった際や身分証明の手段としても使えるため、あらかじめ留学前に日本で発行しておくことをおすすめします。

オーストラリアのクレジットカード普及度

オーストラリアではクレジットカードでの支払いが一般化しているため、$100未満の買い物であれば端末にかざすだけで決済が完了するお店がほとんどです。
マクドナルドなどのチェーン店からスーパーにコンビニ、電車やバスに至るまでカードでの支払いが可能です。
日本でもキャッシュレス化がすすんでいる最中ではありますが、オーストラリアで生活するとこちらのほうがより進んでいると感じることでしょう。

クレジットカードのメリット

留学にクレジットカードを持っていくメリットは多岐にわたります。

・キャッシング機能で緊急時に現金が入手できる
・多くの現金を持ち歩かなくてもよいので安心
・海外旅行障害保険がついてくる
・買い物の際にポイントが付く
・インターネットの買い物にはほぼ必須
・ビザ申請または更新手続きなどクレジットカードのみの支払い

最も大きなメリットは急にお金が必要になった際にも対応できるキャッシング機能でしょう。
キャッシング機能を用いれば、あちこちに設置されているATMで手軽にオーストラリアドルを引き出すことができます。
キャッシング機能はあくまでお金の借り入れであるため、使わないに越したことはありません。
ですが、緊急時にお金を入手できる手段があるのとないのとでは安心感が違います。特に長期の留学生活では、備えとしてクレジットカードを1枚持っておくと安心です。
キャッシング機能自体はカードの入手とは別に機能自体に審査が必要ですので、日本であらかじめ済ませておきましょう。

また、多くの現金を持ち歩かなくてもよい点も海外生活では大きなメリットです。
オーストラリアは英語圏の中でも特に治安のよい国ですが、それでも多額の現金を持ち歩いて狙われることは避けたほうが安全です。

もちろん、クレジットカードが100%安全ということはないため、カード番号や暗証番号を別に控えておくといった次善策は必要です。
もし、カードや財布を紛失してしまった場合は即座にカード会社に連絡をして停止するようにしてください。

日本とは異なる手数料の取り扱い

クレジットカード会社はカードが使用された際に手数料を設定することで利益を出しています。
日本では基本的にこの手数料をお店側が負担してくれていますが、オーストラリアでは支払い側が追加で負担することがあたりまえです。
記載されている商品の金額にプラスして1%~2%前後の手数料が追加で発生するため、買い物の際には気を付けてください。

おススメのクレジットカード

VISA、Mastercard、American Express、JCBなど、日本でもよく知られたクレジットカード会社のものであればオーストラリアでも使用が可能です。
そのなかでもVISAとMastercardはほとんどのお店で使用が可能であるため、どちらか1枚か可能であれば2枚とも所有しておくと何かと便利です。
American ExpressやJCBは使用できないお店が少なからずあるため、今これらのカードしか持ってないという場合にはVISAなどを新規で契約したほうが良いです。
実際にオーストラリアで生活していると、財布から現金を出すよりもクレジットカードを使用することが多くなりますので、手数料の違いなどよりも使用できるお店の数でカードを選ぶようにしましょう。

クレジットカードで気を付けること

日本よりもキャッシュレスが普及しているオーストラリアですが、クレジットカードが使えない場所もあるので、少量の現金は持ち歩くようにしてください。
屋台や露店のマーケットなどで使用できないのはもちろんのことですが、路面バスでも多くはクレジットカードでの支払いができません。交通機関用のプリペイドカードがあるので、あまり現金を持ち歩きたくない場合にはこちらを使用しましょう。

また、クレジットカードは気軽に買い物ができて使用した金額がわかりづらいため、ついつい使い過ぎになりがちです。知らないうちに使っていい金額の幅を超えてしまっていたなんてことがないように、オンラインの使用明細は定期的に確認するようにしてください。

せっかくの楽しい留学生活に水を差すことが無いように、お金は計画的に使うように気を付けましょう。

関連内容

TOP