オーストラリアの山火事

オーストラリアの山火事

連日の高温で、あちこちで山火事が発生しているオーストラリアです。 オーストラリアの山火事のほとんどが自然発火によるものだとご存知でしたか?ユーカリの森を時々遠くから見ると青く見えることがありますが、 これは、「テンペン」という成分のせいだそうです。夏の灼熱の太陽をあびると、このテンペル濃度が高くなり、テンペルはもともと引火性物質なので、山火事が発生する原因になるといわれています。 しかし、何万年ものオーストラリアの大地の歴史を辿ると、オーストラリアのこのユニークな自然環境は山火事なしでは語れないことがわかっています。山火事があって初めて、灰の中から芽を出し始める木々の種がたくさんオーストラリアにはあります。山火事がないと、芽をださないのです。山火事は怖いですが、何万年もの間、この自然発火という山火事があってこそ、今の南半球のユニークな木々、自然環境があることを忘れてはいけません。すべてが悪だと排除しようとせず、大きなビジョンで受け入れてバランス良く考えることは何事に対しても大事です。  

コアラは水を飲まない有袋動物として知らせていますが、自然災害、病気の時に限り水を飲むそうです。

文化・生活・食べ物カテゴリの最新記事