オーストラリアのコロナウィルス最新情報-[2021年9月8日更新]

2021年9月8日更新

オーストラリア国境再開に希望が!

豪州政府はワクチン接種率が70~80%に達した段階で、ロックダウン等の規制の緩和や国境開放を進める計画。
カンタス航空は、オーストラリアおよび諸国のワクチン接種計画と連携しながら、2021年12月中旬からの国際線フライトの順次運航再開に向けて準備を進めています。

状況により変更はあるかもしれませんが国境再開にむけて希望がでてきました!!

オーストラリア出入国制限、緩和・解除の見通しについて

  • 2020年3月20日21時以降、オーストラリアへの渡航者の全ての入国が禁止(オーストラリア市民および永住者を除く)
  • オーストラリア市民および永住者は、到着日から14日間は強制検疫施設に隔離される
  • 2020年12月9日以降、オーストラリアへ入国または乗継をする場合は、オーストラリア旅行申告書を出発の72時間前までにオンラインで提出すること(https://www.health.aero/au/
  • オーストラリアへの渡航者は、出発前に新型コロナウイルスの検査を受け陰性であること(1月22日より)
  • オーストラリア国外からの到着を1週間あたり6000人に制限(4000人より増員)
  • 帰国を希望するが、入国制限、航空便の運航状況によって実現できていないオーストラリア人は23,000人以上(2020年9月時点)
  • すべてのオーストラリア市民および永住者は、免除が認められない限り、オーストラリアの出国を禁止
  • 日本などその他の国・地域に関してはまだ具体的になっていない。連邦財務長官のジョシュ・フライデンバーグは、10月7日の予算発表後のプレスクラブ演説で、オーストラリアの国境閉鎖は、2021年後半まで続く可能性があるという見通しを明らかにしました。

新着のお知らせ

TOP