プラスティック・バックの廃止

プラスティック・バックの廃止

オーストラリアでは今週から大手スーパーからやっとビニール袋が消えました。
目的は一つ。母なる地球を守るためです。
このビニール袋が、土壌に戻るまでには途方もない年月がかかるのは皆さんも承知のことと思います。
しかし、プラスティックは土壌だけの汚染ではなく、海に暮らしている生物への汚染もかなり深刻的です。
先日は、海岸に打ち上げられたクジラの胃から80以上のビニール袋がでてきたそうです。

実は、そういう私も最近までビニール袋常習者です。便利、家のごみ箱にも使える、子ども達の学校への道具入れ、水着入れにも使える、スナックを入れる袋は今だにスーパーから買うジップロック付きビニール袋です。
すべて家庭内からビニールを放棄することはまだまだ私にとっての課題ですが、出来ることから無理なくやっていくをモットーに少しずつ自然に優しくなれる暮らし方ができるように心がけたいと思っています。

シドニーの尊敬する大親友の梅村郁子さんが献身的にプラスティックフリー活動をしています。
彼女の”プラスティックフリー”に関する知識、そして地球への影響、そして地球に身体にやさしい暮らし方の提案にはいつも目からうろこです。ぜひ皆さんとシェアをしたいページですので、一度覗いて頂けると嬉しいです。
日々のちょっとした心がけで、ひとりひとりが無理なくできる地球への優しさは、やがて大きな大きな力となり、次世代に胸をはって託せる地球になること願ってやまないです。

梅村郁子さんのページ▶︎ プラスティックフリーJuly Japan

文化・生活・食べ物カテゴリの最新記事