安心で細やかな現地サポート。コミュニティ体験型の留学・研修プログラムを実施しています。ABN:11732921182
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • その他

その他

起業すること

皆さん、こんにちは。
今日は、起業することを私の経験から少しだけお話します。

起業は就職とは違います。
起業はしたくてするものではなく、なぜ起業するのか、自分のビジネスが誰をどんな風にハッピーにするのか。
もっと大きな視野でみると社会の問題点をどう解決し、結果どう変わるのか。
これらが描けていることがマストです。元になるものが何もないのに、「起業したい」としたらなぜあなたは起業したいのか?

会社がいや?
ライフスタイルを変えたい?
お金持ちになりたい?
周りを見返してやりたい?
成功者として認知されたい?

これらの「自己満足の追及」や「社会的欲求を満たす」ことが起業理由ならば、うまくいきません。

起業は、社会のためであり自分(自分のビジネス)のサービスや製品を支持してくれる人たちのために行われるものです。だからこそ、ビジネスとして成り立っていくと思います。

人生は自分の力で切り開き、創っていけます。すべては自分の心のあり方と、行動しだいです!
といつも、私は自分に言い聞かせて過ごしていますが、やはり人間です。心が折れそうになることも多々ありますが、自分を奮い立たせるのも、自分です。
今週も頑張りましょうね!

 

エイジング

最近のニュースですが、1899年生まれで、1800年代生まれの最後の1人と言われたイタリアの女性が亡くなりました。若い頃から1日に卵3個を食べるのが習慣だったそうです。卵が長寿の秘訣だとは言い切れませんが、昨晩、イギリスの番組で“エイジング”についてとても興味深いドッキュメンタリーを見ました。
人種や肌の色で様々な老い方を検証する番組でしたが、90歳~100歳までのエネルギッシュで陽気で、穏やかな人達が何人も登場する、とても番組構成がユニークでした。皆さんが共通して主張しているのは、年齢を重ねるごとに幸福度が上がっていくことでした。その要因には、周りの評価を気にしなくなった、年齢を重ねるごとに自分らしく、自由に素直に生きられることだそうです。番組で紹介されていた一つに思春期の子供たちが1日平均3回嘘をつくという研究結果があるらしいのですが、60歳以上になる、嘘をつく人は半分以下に減るそうです。とても面白いと思いました!ちょうど、隣で思春期真っ最中の息子がいたので、1日に3回嘘をついているの?と聞くと、“そうじゃない!”と言っていましたが顔が完全に笑っていました。
そして、運動をすること、誰かのために(家族や他人、ペット、植物など)たくさんの愛を与えることを忘れずに生きることが長生きの秘訣だそうです。
幸福度があがっていくエイジングなんて、なんだか歳を重ねることはそんなに悪いものじゃないと思うようになった番組でした。今日も1日頑張りましょう。

 

南半球の星

皆さん、南半球を代表する星をご存知ですか?
北半球に北斗七星があるように、南半球には「南十字星」=サザンクロスが代表的な星です。
北半球の冬の星座を代表するオリオン座は、南半球では夏によく見ることができます。しかし、オリオン座の中に見える大星雲は日本では下側に見えますが、オーストラリアでは、
上に見えるんです。星座の方向が北半球と南半球で違いますし、月の向きも北半球と南半球では違います。不思議ですね。

先日、星に詳しい方とお会いした時に、地球から見える天空で一番明るい恒星は、シリウスと教えて頂きました。そして、2番目に明るい恒星はカノーブス、3番目はリギル・ケンタウルス。カノーブスは、日本から見えづらく、南の地平線スレスレじゃないと見えないそうですが、南半球からだとしっかり上空に輝いているのが見えました。3番目のリギル・ケンタウルスは、地球から4光年強の距離にあり地球から最も近い恒星だそうです。これも南半球でしか見ることができないそうです。

そう考えると、南半球の星って神秘的ですね。ちなみに、カノーブスは不老長寿の星を呼ばれているそうです。コフスハーバーは天気が良いと満天の星空で天の川もしっかり見ることができます。ぜひ、コフスハーバーで南半球の星の神秘を自分の目で確かめてみてください。宇宙の広さと神秘にきっと感動するはず!

 

PAGETOP
Copyright © Goshu.info, All rights reserved.
Designed by MBD JAPAN DESiGN