Book

Book

皆さん、こんにちは。
今日も真っ青な空のオーストラリアです。朝晩は10℃以下になりますが、昼間は20℃近くまであがり、真冬とは思えないほど温暖で過ごしやすいです。

今日は本をご紹介したいと思います。
料理は特に好きではありませんが、家族を食べさせるために毎日どんなに忙しくても台所には向かっています。
心がこもった手作りのお料理は家族を幸せにし健康にするという生活の基本の基本が私のモット―です。
きっと、私の母がどんなに忙しくても味噌汁は煮干しから丁寧に出汁を取ること、化学調味料が入っているような麺つゆは使わない、なるべく家族の身体によいものをと昔から母が言っていたのが、自然と私の中のこだわりの一つになっているのだと思います。本好きの私は料理本はなんと40冊以上持っていて、去年はあまりの料理本の重さに台所の棚が壊れました。

というこで、今回もめげずに題名に一目ぼれをして、この本を購入。それが大当たりの目からウロコでした。
野菜やお肉、お魚の本質を知る、素材を生かす基本のコツを知るだけでレシピを見なくてもイメージでお料理ができるという内容です。料理=味付けではないのです。料理=食感が先です。
それだけで、こんなに料理が変わってくるし、レシピという料理方法から解放されて、自由に楽しくなるのかと驚きの連続です。特に鶏肉の処理で味がこんなに違うのかとびっくりしました。ぜひぜひ皆さんにもお勧めの一冊です。

その他カテゴリの最新記事