安心で細やかな現地サポート。コミュニティ体験型の留学・研修プログラムを実施しています。ABN:11732921182

ブログ

英語の上達方法①

皆さん、こんにちは。
コフスハーバーは毎日真っ青な空が広がっています。
気温は高くても海風がある日は、本当に気持ちが良いです。

さて、よく英語はどのように勉強をしたら良いのか、またお子さんの早期英語教育についてもよく質問を受けます。
あくまで私の見解であって、すべての方には当てはまらないとは思いますが、英語がうまくなるのは、①コミュニケーション能力②本人の生まれ持ったタレント(才能)③努力、です。
コミュニケーション能力は、文字通りコミュニケーションが上手くできることであり、それは他者との意思疎通、協調性、自己表現力です。本人の生まれ持った才能、これは正直あります。
同じ年数海外で住んでいても語学の上達度が人によって違います。私は、これは聴覚がすぐれているかどうかだといつも思います。聴覚が少しでも優位だと語学でも他か聞こえない音がその人にはちゃんと聞こえるのです。よく子ども達の語学上達は大人に比較して格段に速いのは、子供の聴覚が大人にくらべて優れているからだと思います。
あとは、努力!イディオムや単語を増やすこと、映画を字幕なしで見たり、ラジオの英会話を流したり、英字新聞をよんだり。1日一回10分でも英語に触れることです。お子さんの早期教育もまず、お子さんのみの英語学習にこだわらず、ご両親も英語に興味を持つことが大事です。親が英語を聞いたり、見たりしているのを見て、子供も英語がだんたんと身近になって、英語が生活の一部として1日10分でも見る、聞くことが親の学習時間を通して、子どもが体感するのが一番。

20数年前に初めて私がオーストラリアに来た当初は、ネイティブのように綺麗な発音をすること、文法を間違えないなどなどが英語が上手な人という評価に繋がりました。しかし、ここ10年くらいはグローバルイングリッシュを呼ばれる、綺麗な発音で英語を話さなくてもその人の母国語背景の英語なまりで英語でコミュニケーションができることが第一となってきたような気がします。日本人は、どうしても完璧な英語を求める、話せないと恥ずかしいなどの国民的な性格もあってなかなかこの壁を超えるのは難しいのですが、まず英語でコミュニケーションすることの喜びを知ると本当に語学は上達をします。
偉そうなことを言っている私の英語も正直まだまだな部分がたくさんありますが、オーストラリア人の夫いわく、そのへんで話をしているオーストラリア人の英語より私の英語の方がよっぽど綺麗な英語だと言われることが多々あります。ネイティブスピーカーであるオーストラリア人も英語をきちんと話せない人や文章がきちんとかけない人が実はたくさんいるのです。ほら、日本でもきちんとした日本語で話せない若い方がたくさんいるでしょう。それと同じです。実は、皆さんの英語は自分が評価している以上に素敵なんです!自分の英語に自信をもって、どんどん話をすることが大事です。

どこにいっても、レジやお店、街中を歩いていても、目が合うと必ず、「Hi, How are you? how is your morning?」「You have a good afternoon! 」「Hi, Love! 」なんてあちこちから挨拶が聞こえてきます。
スーパーのレジのおばあさんからもよく、「これから、どんな予定なの?」なんて、見ず知らずのレジのおばさんから買い物をした後のこれからの予定を聞かれることが多々あります。
その人に興味を持っているから聞くのではなく(それもあるかもしれないけど!)、これも一つのコミュニケーション能力なんです。会話を楽しむ。ちょっと忙しくて疲れてていても、この何気ない日常の会話が今では私の気分転換になることもあります。 質問や意見などがありましたら、どうぞお気軽にメールください。 tetsuko@goshu.info

レジでちょっと会話。楽しそう。冗談も聞こえてきて、こっちまで笑ってしまう。

レジでちょっと会話。楽しそう。冗談も聞こえてきて、こっちまで笑ってしまう。

 

夏の南半球 週末の過ごし方①

皆さん、こんにちは!素敵な週末を過ごされていますか?

南半球のオーストラリアは夏真っ盛りです。海や川が近いエリアに住んでいると夏の週末にすることは盛りだくさんです!
昨日は、友人のフィッシングボートで川釣り&BBQ&泳ぎをしてきました。船の上は日差しをまともに受けるのでとっても暑いのですが、ちょっとアンカーを下して
浅瀬にドボッと入り、身体を冷やすのは至福のひと時です。

砂浜からYabbyと呼ばれるエビを取り、それをエサにして魚を釣ります。たくさんエビが取れて、佃煮にしたいと思ってしまいましたが、家族から大反対を受けました!
12以下の子供はボートではライフジャケット(救命胴衣)の着用が義務付けられています。釣れる魚は、Whiting, Brim, Flathead などなどですが、今日釣れたのは数匹。サイズも規定内なので
ちゃんと川に返さなければなりません。日本人精神、もったいない精神丸出し私は、大丈夫よ!持って帰ろう!なんて言っても、その辺については断固としてオーストラリア人は厳しく、規定外サイズと思われる魚はあっさりすぐに川に返します。

bbq2 (250x141)

bonvillecreek1 (138x250)

20160130_123956 (250x141)

さて、お昼はBBQです。ボートで近くのBBQエリアに移動してお肉を焼きます。こちらは、写真のような屋根付きのBBQエリアは公園やビーチ沿い、国立公園など、いたるところで目にすることができます。

BBQ台の下にボタンがあり、そこを押すと鉄板が熱くなってきます。場所によっては、屋根からの雨水を集めた水タンクも設置されているので、手を洗ったり、お皿やカップをゆすぎたいなど手軽に水を使うことができます。
こういうBBQ台を掃除したりする専門の人が定期的に公園を回っているので、使いたい時の鉄板はそれこそ新しい鉄板のようにおどろくほどピカピカしています。(写真:友人のご主人とうちの料理好き長男)
20160130_113207 (250x141)

1日太陽の下で遊ぶのは体力消耗しますが、こんなに素晴らしい自然が身近にあって、小さい子供からお年寄りまで年齢関係なく、川遊びができる、サーフィンをする、釣りをするなどそれぞれのライフスタイルの楽しみ方を知っているオーストラリア人はある意味尊敬します。
紫外線の心配をのぞけば、澄んだ空気と水はやっぱりいろいろな意味で私たちの感性や日頃のストレスを洗い流してくれる気がします。
12651240_10153915609348832_3610199791398553973_n (250x141)

 

新学期 in Australia

初めまして、ニコルス哲子です。
人生初のブログなのでちょっと緊張気味です。
今日から定期的にブログを綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今日からオーストラリアは新学期です。あれ?9月じゃないの?と聞かれることも多いのですが、9月からの新学期はアメリカ。イギリス系であるオーストラリアは1月末が新学期になります。
12月中旬から始まった長い長いなが~い夏休み、約6週間近くありました。日本のように宿題も自由研究も部活もありません。学校休みの間は、子ども達が所属するスポーツのクラブもピアノなどの習い事もすべてお休みになります。
最初はこの宿題なしっていう長いお休みに慣れるのが大変でした。ママ友に「宿題はでないのね?」なんて聞くと、「ホリデーだもの~~!宿題あるわけがないじゃない!!」なんて言葉が返ってきます。仕事とプライベートの割り切りもはっきりしている文化ですが、さすが、学校とホリデーも勉強ある・なし!がしっかり分かれています。

今日から長男はハイスクールに入学しました。こちらは中学も高校も含めてハイスクールといいます。中学1年生は、Year7 という言い方をします。小学校1年~6年がYear1 ~ Year6. 中学1年から高校3年生までは、Year7 ~ Year12といいます。この言い方に慣れるまで特にハイスクールの何年生と言うのはちょっと頭を使いますね。

オーストラリアは、夏真っ盛りです!日本の寒い冬を脱出してオーストラリアでホリデー&英語コース、ホリデー&ファームスティなどお考えの方はぜひご連絡下さい。tetsuko@goshu.info

Samhighschoolfirstday (300x211)

 

« 1 25 26 27 »
PAGETOP
Copyright © Goshu.info, All rights reserved.
Designed by MBD JAPAN DESiGN