安心で細やかな現地サポート。コミュニティ体験型の留学・研修プログラムを実施しています。ABN:11732921182
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2017年4月

月別アーカイブ: 2017年4月

スタート

おはようございます。
今日から、NSW州の学校の2学期がスタートします。いつもお休みばかりあるようなオーストラリアの学校は年間4学期に分かれています。ちょうど2年前にオーストラリアに再び引っ越しをして子どもたちの学校が始まってから、宿題も日本の半分以下、学校休みもしょっちゅう、学校イベントが中止になれば1日学校で映画やアニメを見てくる、長期に準備をするような学校一丸となる発表会もなし、部活もなしの学校生活に子どもたちが自宅で過ごす時間を持て余し、かなり戸惑いました。しかし、もっと広い視野で見渡すと、身も心も縛られる部活や塾、成績へのプレッシャー、受験のない教育システムの良さに今は心から有難い気持ちでいっぱいです。子どもたちはもっと家族との時間を過ごすことができ、自分の好きなことに時間をかけられ生き生きとしています。
そういう教育システムで長い間きたオーストラリア人を見ても、生活のレベルも幸福度も日本よりずっと上です。

今日からまたお弁当作りが始まります。
程よく手を抜き、
程よく愛して、
根っこはしっかり健康で太くなってくれればそれでいい。
あとは、それぞれ自由に幹を伸ばして、好きなだけ葉を作ってほしい、
そんな子育てでいいと思うようになった今日この頃です。

 

アンザックデイ

4月25日はオーストラリア全州で定められている祝日、アンザック・デイ(ANZAC DAY)。これは、第一次世界大戦中に編成されたオーストラリア・ニュージーランド軍団(Australian and New Zealand Army Corps)がトルコのガリポリ半島に上陸したことを記念して制定されたオーストラリア全土の祝日です。この軍団の英語表記の頭文字をとったものが『ANZAC』となり、一般的にオーストラリアでは略式でアンザックと呼ばれるようになりました。

オーストラリアにとって、唯一の本土爆撃を受け多数の戦死者を出したのが第二次世界大戦。

で、その敵国は日本!

ちまたでは、「外に出たら卵を投げつけられる」「パレードを見に行ったら唾を吐きかけられる」という事で、「その日は外に出ない方が良い」と言う話も有りますが、そんなのは相当昔の話で、現在ではそんな目にあったと言う様な話は聞きません。ただ、日本がオーストラリアを攻撃したのは事実ですし、それにより反日心をいまだに持っている人も少なからずいます。私も実は25年前くらいにシドニー留学して間もない頃にタクシー運転手に日本人だとわかったとたん、シドニーハーバーブリッジのど真ん中で降ろされた苦い経験もあります。英語出来ず、なぜ突然降ろされた理由も分からず、とても戸惑いましたが、日本人であるという新たな気づきを針のように植え付けられた経験でした。

また、TVでは日本軍が攻めて来た時の事を舞台にした映画やドラマなのも放映されているので、ちょっと ”居心地が悪い?” と感じる事も有るかもしれません。

でも、実際オーストラリア人は Take it easy や Mate の精神にも例えられる様に、みんな正直で前向きで寛大な心を持っている人が多いので、戦時中捕虜になった人の中には「地獄の様に大変だったけど、戦後は日本人の友達出来た。それは事実であり、私の人生に置いて貴重な経験だった。」というように話している人も実際に多くいます。
去年亡くなった義父も戦争を経験した方で、毎年アンザックデイには軍服やジャケットを着てたくさんの名誉バッジを胸につけパレードをしていました。そんな父も、日本人である私を世界で一番最高の娘を持ったと喜んでくれたのは今でも甘い思い出です。

世界平和を祈らずにいられない日々です。

 

エイジング

最近のニュースですが、1899年生まれで、1800年代生まれの最後の1人と言われたイタリアの女性が亡くなりました。若い頃から1日に卵3個を食べるのが習慣だったそうです。卵が長寿の秘訣だとは言い切れませんが、昨晩、イギリスの番組で“エイジング”についてとても興味深いドッキュメンタリーを見ました。
人種や肌の色で様々な老い方を検証する番組でしたが、90歳~100歳までのエネルギッシュで陽気で、穏やかな人達が何人も登場する、とても番組構成がユニークでした。皆さんが共通して主張しているのは、年齢を重ねるごとに幸福度が上がっていくことでした。その要因には、周りの評価を気にしなくなった、年齢を重ねるごとに自分らしく、自由に素直に生きられることだそうです。番組で紹介されていた一つに思春期の子供たちが1日平均3回嘘をつくという研究結果があるらしいのですが、60歳以上になる、嘘をつく人は半分以下に減るそうです。とても面白いと思いました!ちょうど、隣で思春期真っ最中の息子がいたので、1日に3回嘘をついているの?と聞くと、“そうじゃない!”と言っていましたが顔が完全に笑っていました。
そして、運動をすること、誰かのために(家族や他人、ペット、植物など)たくさんの愛を与えることを忘れずに生きることが長生きの秘訣だそうです。
幸福度があがっていくエイジングなんて、なんだか歳を重ねることはそんなに悪いものじゃないと思うようになった番組でした。今日も1日頑張りましょう。

 

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Goshu.info, All rights reserved.
Designed by MBD JAPAN DESiGN