いつもオーストラリア人ホストファミリーから日本人について不思議だと聞かれることの一つ。

それは、日本の学生さん又は日本人の方(大人も含めて)が家族や自分の職業について答える時に曖昧であることです。
両親のお仕事は?とホストファミリーに聞かれて”サラリーマン”と答える生徒さんがいますが、サラリーマンは立派な和製英語です。
また、”オフィスワーク”をしていると答える方もいらっしゃいますが、これも、オーストラリア人の聞き手にすると、何とも話題が続かない退屈な返答になります。父親が何の仕事をしているか、わかならないと応える生徒さんも普通にいらっしゃいます。
これは、文化的背景が大きく影響していますね。日本人は自分の家族や職業のことを詳細に話をすることは避ける傾向にあります。
私も日本に帰国している時は、”留学エージェント”の仕事をしています”とだけ答えますが、オーストラリアにいる時は、”日本人生徒さんのお世話、例えば、大学や英語学校やホームスティ、、、、〇月と〇月には大きなグループも来るから忙しくなります”まで言います。オーストラリア人も、”○○会社の営業をやっているけれど、先日こんなお客さんがいて、、、、とか、以前はこんな仕事をしていた、、、”など、仕事一つで話題がかなり広がります。こういった情報を的確な場面できちんと伝えることで、ホストファミリーやオーストラリア友人との関係がグッと近いものになります。サラリーマンとオフィスワークは禁句ですよ!