毎年5月初めは、コフスハーバーでは子供の日イベントと称し、日本のお祭りがコフスハーバー植物園で開催されます。今年は、5000人以上の来場者があったとか。それだけ、日本についてオーストラリア人の認知度が上がり、親日家が多いということです。日本人よりも、オーストラリア人が浴衣やコスプレを着て楽しんでいる方が多かったです。今や、オーストラリア人にとって、休暇に行く海外渡航先No.1が日本です。物価が安い、治安が良い、興味深い文化、日本食、買い物が楽しい、京都&東京観光、ニセコ・白馬のスキー、などなど日本に魅力を持つオーストラリア人は本当に多いです。さて、祭りで疲れた身体に負けず、気力と笑顔を忘れず、今日も1日頑張ります。

祭りのシンボル“鯉のぼり”とオージー・ライフセイバー(海の救命士)の偶然すぎる組合せ。

祭りのシンボル“鯉のぼり”とオージー・ライフセイバー(海の救命士)の偶然すぎる組合せ。

コフスハーバー植物園内の日本庭園エリア

コフスハーバー植物園内の日本庭園エリア