イルカ

NO IMAGE

昨日、海岸を散歩している時に偶然イルカに出会いました。3匹はいたと思いますが、30分ほどぐるぐると同じところを泳ぎ周り、時には顔や尻尾を出したりしてくれて、私は時間をたつのも忘れて、イルカに見入ってしまいました。
オーストラリアでは、アニマル・テラピーと呼ばれるものが日本よりも身近でありますが、中でも、最も研究が進み、その効果も高いと期待されているのがドルフィン・セラピー=イルカ療法だそうです。
イルカはコミュニケーションの手段として、超音波を出すとされています。その超音波が、人間がリラックスした時に出るアルファ波の増加を促進するという研究結果もあり、音波を受け取ることで緊張から解き放たれ、自主治癒力を高まるのではないかという説があります。

青い海に差し込む太陽の光がキラキラと輝き、流線型をしたイルカの背中に反射している様は、本当に幻想的な光景です。野生のイルカ(年中)やクジラ(6月~9月)が海岸から見ることができるのは、コフスハーバーならではの自然環境です。
IMG_3225-1024x768

ひとり言カテゴリの最新記事